生活サポート・相談について

ホーム > 生活サポート・相談について > 授業について > 交通機関スト・台風等の場合の授業

授業について

私鉄(阪急電鉄)ストライキの場合の授業

当日始発以前に解除された場合 平常どおり
午前7時以前に解除された場合 午前10時35分から開始
午前10時以前に解除された場合 3校時から開始
午前10時を過ぎても解除されない場合 全日休講

台風等の場合の授業当日

☆対象とする気象警報:

 警  報:暴風警報(従来通り、大雨警報は対象としない)

 特別警報:すべての特別警報


☆対象とする地域

 西宮市、神戸市、芦屋市、宝塚市、尼崎市、伊丹市、三田市、川西市、猪名川町のいずれか


<授業>

 当日午前5時以前に解除     → 平常通り授業

 午前7時以前に解除       → 午前10時35分(チャペルアワー、アッセンブリアワー)から開始

 午前10時以前に解除      → 3校時から授業開始

 午前10時を過ぎても解除されない→ 全日休講


 *授業開始後に発令された場合は、原則として、その授業は平常通り。

  次の授業時間になっても解除されない場合は、以降は休講。

  ただし、授業の継続が困難な場合は、大学の判断で授業を中止。


<行事>

 当日午前5時以前に解除     → 予定通り実施

 午前7時以前に解除       → 午前10時以降から行事実施

 午前10時以前に解除      → 午後1時以降から行事実施

 午前10時を過ぎても解除されない→ 全日中止


 *行事開始後に発令された場合は、速やかに行事を中止する。

 *主催部署の判断で行事開始時刻、行事内容等の変更をする場合がある。


☆構内から出ることが危険であると大学が判断した場合、帰宅を制限することがある。

 本学教職員の指示に従って安全な場所に避難する。


☆現住所付近に暴風警報、または特別警報が発令された場合は、安全を最優先に考えて

 行動する。その理由で授業・行事を欠席した場合、所定の手続きをし、大学の承認を

 得れば、欠席扱いとされない。


☆暴風警報・特別警報の発令以前であっても、発令が高い確度で予想される場合、学長の

 判断により、授業・行事を中止にすることがある。

K-CLIPサイトの使い方