本学では「障がい学生支援に関する基本方針」に従い、障がいのある学生が学修を行う上で抱える困難に対して相談に応じ、必要があれば学生主事、各学科事務室、教務課、保健室、カウンセリングルーム他と連携し支援を行っています。また、修学を行う上で何らかの困難を抱える学生に対しても支援を行っています。

支援内容例
 聴覚障がい
 ・文章による説明、筆談、ノートテイカーの配置、音声文字変換ソフトによる
  支援、レジュメなど文字情報の提示、その他状況に応じた支援
 肢体不自由
 ・車いす移動可能教室への変更、移動への補助支援、その他状況に応じた支援
 精神障がい・発達障がい・機能障がい・その他の障がい
 ・状況に応じた支援、正課授業における合理的配慮、就職支援など
 その他、今までに配慮願いなどで支援を受けていた人
 ・授業における席の確保、状況に応じた支援

該当される方はご連絡ください
 個々の障がいの種類や程度、困難の状況に応じた対応を行うためにも、学期前・学期始めに個別に調整させていただいています。該当される方は学生生活支援センターまでご連絡ください。また、学期中に何らかの支援が必要と感じられた場合も、いつでも学生生活支援センターにご相談ください。修学支援担当者が応じます。

手 続 き
1.修学支援担当者(学生生活支援センター)に相談してください。
2.修学支援担当者が学生への配慮が必要と判断した場合
  「配慮願い発行申請書」
  「診断書」
  「個人情報の取扱いに関する同意書(情報提供承諾書)」
  を提出してもらいます。
3.配慮の内容について、担当学生主事、修学支援担当者と面談した上で決定します。
4.配慮の内容が書かれた「学生への配慮についてのお願い」を発行しますので、授業担当教員に直接提出してください。

注意事項
*配慮願い発行の申請期限について
  ・原則として前期・後期の登録修正日までとします。
  ・期中で配慮の希望が生じた場合は、授業終了日の4週間前までとします。
*相談はいつでも受け付けます。

相談窓口
学生生活支援センター(デフォレスト記念館1階)
TEL:0798-51-8539  Mail:gakusei@mail.kobe-c.ac.jp