生活サポート・相談について

ホーム > 生活サポート・相談について > 相談・悩みがあるなら > ハラスメント

相談・悩みがあるなら

神戸女学院はセクシュアル・ハラスメント、アカデミック・ハラスメント、パワー・ハラスメント等のさまざまなハラスメント(嫌がらせ)についてみなさんの相談を受け付け、解決に向けての努力をしています。

セクシャル・ハラスメント

セクシュアル・ハラスメントとは「性的嫌がらせ」のことです。優位な立場にある者が、逆らえない立場にある相手に対して、相手が望まない性的な言葉をなげかけたり、性的な接触をしたり、性的な要求をすることです。

たとえば

  • ◆ 良い成績をつけるとか、就職の便宜をはかるといった利益を条件にして性的な要求をすること。
  • ◆ 性的な要求を拒否されたために、成績評価点を落としたり、就職の妨害をすること。
  • ◆ 教室・研究室・職場に卑猥な絵や写真をはること。
  • ◆ 返事に困るような性的冗談を言うこと。
  • ◆ 容姿を話題にしてからかうこと。
  • ◆ 必要もないのに体に触ること。
  • ◆ 「女だから・・・」「男だから・・・」といった言動を押し付けること。

上のような行為は、授業・就業時間の内であるか外であるか、キャンパスの内であるか外であるかにかかわらず、またセクシュアル・ハラスメントの意図があったかどうかにかかわらず、不快に思う人がいるかぎり、セクシュアル・ハラスメントと見なされます。

アカデミック・ハラスメント

アカデミック・ハラスメントとは、教育や研究の場における立場や権力を利用した「嫌がらせ」のことです。相手が望まない不適切な言葉や言動によって、勉学や課外活動を妨害すること、またはその環境を悪化させることです。

たとえば

  • ◆ 授業を受けさせないなど、一方的に、指導を放棄すること。
  • ◆ 学生のプライバシーを暴露すること。
  • ◆ 指導を逸脱して、人格を否定するような暴言を投げつけること。
  • ◆ 理由なく推薦書を書かないなど、就職活動において不利な扱いをすること。
  • ◆ データの改ざんを強要するなど、研究の妨害をすること。
  • ◆ 研究とは関係のない、私的な用事を頼むこと。

パワー・ハラスメント

パワー・ハラスメントとは、教職員などが職場で、立場や権力を利用して行う「嫌がらせ」のことです。

これらのさまざまなハラスメントはいずれも人権侵害です。神戸女学院は、ハラスメントを許しません。ハラスメントのない環境で、勉学・研究・教育・労働する権利を保障します。また、相互の信頼にもとづく人間関係と教育研究環境・労働環境を維持することに努めます。

ハラスメントを受けたと感じたら

黙っていたら解決しません。「嫌だ」と思っていることを早めに意思表示することがだいじです。意思表示しても効果がないとか、意思表示がしたくてもできない場合、一人で悩むことはありません。自分を責める必要もありません。まわりに信頼できる人がいれば、すぐに相談しましょう。また、被害の詳しい記録をとっておきましょう。

相談窓口にいきましょう

デフォレスト記念館の事務室前掲示板(休講掲示の横)を見てください。相談窓口担当者の名前と電話番号、メールアドレスが出ています。
まず電話やメールで、相談に行く日時の予約をとってください。秘密は厳守されますので、安心して氏名を名乗ってください。証言をしたことで不利益を受けることは決してありません。代理人による相談や、友人の被害についての第三者による相談も受け付けます。
相談内容や、みなさんの希望に応じて、迅速に解決します。
また学外実習先での行為にも対応します。

K-CLIPサイトの使い方